【顔画像】湧川高史のセクハラ手口判明!女性風呂侵入のNHK佐賀放送局長の顔写真や経歴・プロフィールも紹介

   

またしてもNHK局長によるわいせつ事件が発覚しました。

NHKは2018年11月5日、佐賀放送局で局長を務める湧川高史(わきかわ たかふみ)氏を服務規程に反する“不適切な行為”があったとして更迭し、局長の職を解くと、人事局付けとすることを決めました。

どうやら週刊文春のオンライン版によれば、湧川高史は女性スタッフの入浴する女性風呂へ侵入し、わいせつな行為に及んだということです。

そこで、この記事では女性風呂への侵入やわいせつなどの不適切な行為によって佐賀放送局の局長を更迭された湧川高史(わきかわ・たかふみ)の顔写真や経歴、プロフィール、そして今回のわいせつ事件以外に発覚した余罪を証言するツイートについても紹介します。

NHK佐賀放送局局長・湧川高史の女性風呂わいせつ事件の概要

 

次から次へとセクハラ事件が発覚するNHK

いや〜、それにしてもNHK職員や局長の性犯罪やセクハラ、わいせつ騒動が後を絶ちません

日本の各主要メディアによって報じられた今回のNHK佐賀放送局長・湧川高史によるわいせつ事件の経緯や概要が以下です。

NHKは11月5日、佐賀放送局の湧川高史局長(59)が職員の服務規定に反する不適切な行為があったとして更迭。局長の職を解き、人事局付けとした。

服務規定違反の内容について、同局広報局は、「プライバシーに関わることなのでお答えできない」「業務に関わる問題ではない」などとしている。

これは「週刊文春デジタル」取材班が、湧川氏のしでかした”ワイセツ事件”について、NHKに事実確認を求めた直後の発表だった。

実は、湧川氏はNHKのスタッフらと訪れた保養施設で酒に酔い、女性スタッフが入浴中の風呂に侵入した。この“事件”が発覚した後、湧川氏には出勤停止14日間の懲戒処分が科せられたが、その後に局長更迭が決まった。

湧川氏は秘書室長だった2014年当時、国会や記者会見で失言への対応に追われた籾井勝人会長(当時)に付き添い、籾井氏の背後から答弁のペーパーを渡す姿は「二人羽織だ」と揶揄された。

引用:文春オンライン

どうやら会社の保養施設での宿泊中に女性スタッフの入浴する風呂に侵入したと。。。

よく女風呂を覗く犯罪というのは聞きますが、女風呂へ侵入するってもはやかなりの野蛮人というかヤバいヒトという感じがしますよね。

女性スタッフもまさか入浴中に局長の湧川高史が風呂場に入ってくるとは想像もできなかったはずです…。

では、一体その変態局長はどんな顔なのでしょうか。。?

超大物NHK局長による変態セクハラ事件に関するこちらの記事もどうぞ

【顔画像】セクハラのNHK紅白責任者は井上啓輔!2年連続有村架純起用で話題【50代男性職員とは?】

Sponsored Link
 

女性風呂侵入のNHK佐賀放送局長・湧川高史の顔画像と経歴・プロフィール

またしてもNHKという国営企業の看板に泥を塗ってしまった湧川高史局長ですが、顔写真はこちらです。

この画像は2014年の衆院予算案において、当時のNHK会長籾井勝人会長に必死にメモを渡しているのが湧川高史佐賀放送局長です。

メガネをかけた真面目そうな雰囲気の方ですが、このお方がNHK女性スタッフの入浴する女性風呂へ侵入したと思うと恐怖ですね。

調べたところによると、この湧川高史局長は2014年3月より籾井勝人前会長の下で秘書室長という重要なポストを与えられており、2年間の職務を全うすると、2016年4月より現在の佐賀放送局長へと就任したようです。

籾井勝人前会長の秘書室長というのは、当たり前ですが、籾井勝人氏からの全幅の信頼を寄せられていたというだけでなく、NHKの中でも突出したエリートだったことすらも窺わせます。

とてつもなく優秀なエリートであればあるほど、今回の女性風呂侵入・わいせつ事件がむなしく映ってしまいますね。。

サッカー界で起きた衝撃の女性サポへのセクハラ事件はこちら

【動画】下着の中に手!女性サポへのセクハラ身体検査映像がヤバイ【ベンフィカvsポルト】

Sponsored Link
 

湧川高史佐賀放送局長はセクハラ魔だった! 見るだけじゃなく“触る上司”との証言も

さて、今回週刊文春が報じたのは女性風呂侵入と風呂場内でのわいせつ行為というセクハラ内容ですが、

ツイッター上では湧川高史局長から覗かれるだけでなく、触られたことを示唆するようなツイートが散見されます。

そのうちの一つがこちら。

湧川高史局長を非難する被害者と思われる人物の投稿

女風呂への侵入で更迭された湧川高史局長を揶揄するようなツイート内容となっており、長年にわたって“セクハラ親父”とのレッテルが貼られてしまっていたことを感じさせます。

かねてより“触ってくるタイプのスケベジジイ”だったということは、今回の女風呂侵入事件でも、侵入するだけでなく、中の女性スタッフへ過度な嫌がらせがあったのかもしれません

いずれにしても、どうしてNHKはこのような不祥事が後を絶たないのでしょうか。。。

かなり困ったさんな国営テレビですね。

Sponsored Link
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です