【顔画像】ロナウドとキャスリン・マヨーガのキス写真流出!性的暴行被害は女性のウソか

   

イタリアリーグ・セリエAの名門ユヴェントスに所属し、ポルトガル代表のキャプテンでもある世界最高峰のFWクリスティアーノ・ロナウド選手が、

2009年6月にモデルの女性に性的暴行をしたのではないかという“レイプ疑惑”がドイツの週刊誌『Spiegel(シュピーゲル)』によって報じられ、現在サッカー界における大スキャンダルにまで発展しています。

そこで、この記事ではロナウドに無理やり性交渉をされた性的暴行の被害者だと主張する現在34歳のキャスリン・マヨーガ(Kathryn Mayorga)さんの顔画像や、彼女とロナウドがクラブで仲良くキスして抱き合う写真を紹介し、さらにロナウドにとって“重要な夏”である2009年夏に、本当に彼女をレイプしたのかについての考察などをまとめていきます。

また、2009年6月といえば、C・ロナウドはキャスリン・マヨーガさん以外にもお騒がせセレブのパリス・ヒルトンともワンナイトの熱い夜を過ごしたことでも知られています。

【顔画像】C・ロナウドから性的暴行を受けたと主張するキャスリン・マヨーガさん顔写真がコチラ

現在34歳の元モデルで、C・ロナウドからレイプされたという2009年夏は24歳だったキャスリン・マヨーガさんの顔写真が以下になります。

現在のキャスリン・マヨーガさん

さすがモデルということもあり、エキゾチックな顔立ちの美女といった雰囲気です。

かつては人気モデルとして活動し、その後は小学校で教師にもなっていたというキャスリン・マヨーガさん。

現在は世界最高のフットボーラーである天下のクリスティアーノ・ロナウドを相手に性的暴行容疑で訴える準備のため、教師という仕事は辞めたようですね。

もちろん彼女が要求する慰謝料である37万5000ドルという金額は日本円に換算して約4237万円となり、小学校教師として得られる金額を遥かに超えるものでしょう。

Sponsored Link
 

【2ショット画像】C・ロナウドとキャスリン・マヨーガがラブラブでキスする写真が流出

さて、2009年に米ラスベガスでC・ロナウドから性的暴行をされたというキャスリン・マヨーガさんが、ナイトクラブでロナウドと熱烈に抱き合いながらキスをしている写真が海外メディアの間で流出しています。

もちろん、この写真でC・ロナウドとキャスリン・マヨーガさんがラブラブでキスをしているからといって、彼女の主張がウソであると決めつけることはできませんが、この時点では2人は相思相愛のように見えますし、実際キスをしています。

また、他にもC・ロナウドを微笑みながら見つめるキャスリン・マヨーガさんの様子や仲良くダンスを披露している姿なども写真で拡散されていますね。

 

Sponsored Link
 

2009年夏にパリス・ヒルトンとも関係を持ったC・ロナウドはキャスリン・マヨーガさんを性的暴行(レイプ)したのか?

現在33歳のロナウドは2018年の夏に9年間在籍したスペインのレアル・マドリードを退団し、今季よりイタリアのユヴェントスに加入。

C・ロナウドをチームに迎えるにあたり、ユヴェントスはレアル・マドリードに対して約130億円もの移籍金を支払ったとして大きな話題となりました。

33歳の選手に対する移籍金として130億円もの大金が支払われることはサッカー史上初であり、いかに彼が優れたフットボーラーであるかを示していますね。

現在のロナウドの年俸は約40億円とされ、ナイキやアパレルブランドなど、C・ロナウドと専属で契約を結ぶ大手企業からのスポンサー収入を含めれば、その年収は軽く100億円を超えるでしょう。

何が言いたいかといえば、C・ロナウドのように天文学的な人気と収入を誇るセレブリティーには、常にこうしたスキャンダルが付きまとうものだということです。

キャスリン・マヨーガさんがロナウドの“金目当て”かはさて置き、ロナウドを訴えることで得られる金銭的メリットは絶大であり、その収入を考慮しても、訴えた側に大金が入る可能性が大きいですね。

そして、2009年6月13日の夏といえば、クリスティアーノ・ロナウドがレアル・マドリードに移籍することで合意した2009年6月11日の直後です。

当時、イングランドのマンチェスター・ユナイテッドに在籍していたロナウドはかねてより“夢”だと熱望してきたレアル・マドリードへの移籍を3年越しにようやく実現し、6月13日には新たな挑戦を前に覚悟を決めていた時期でもあります。

大事な時期ならばラスベガスのナイトクラブで夜遊びするな! というツッコミもあるかもしれませんが、6月というのはフットボーラーにとってはごくわずかの限られた休暇期間であり、

7月の上旬にはレアル・マドリードの本拠地サンティアゴ・ベルナベウにて入団会見を行い、すぐに遠征にも参加しています。

そして、このキャスリン・マヨーガさんとの性的暴行騒動と重なる6月上旬には、米のゴシップサイト『TMZ.com』によって、ロサンゼルスのクラブでロナウドとパリス・ヒルトンがキスし、一夜限りの性的な関係に至ったことが報じられました。

この際、熱烈に猛アピールしたのはモデルのパリス・ヒルトン側で、その場に居合わせた目撃者によると、

「私(パリス・ヒルトン)とC・ロナウドがカップルになれば凄いことになるわ。2人ともものすごく有名だし、あのデビッド・ベッカムとヴィクトリアなんかより最高にホットなカップルになるのよ! そもそも私たちはあの2人よりも若くてイケてるしね」

というノリノリな発言をかまし、2人のキス写真も撮られてしまっています。

2009年の6月だけでC・ロナウドの周りにはこれだけの美女とセレブが吸い寄せられてくるんです。

ロナウドはキャスリン・マヨーガさんへの性的暴行疑惑について、自身のインスタグラムのライブ中継機能を使って「あんなの僕の知名度を利用した売名行為だ」と完全に否定。

私としては、サッカー選手としての地位や名誉、そして破格の収入・年俸に加え、圧巻のルックスをも兼ね備えるクリスティアーノ・ロナウドの言葉を信じますかね。。

Sponsored Link
 

1 Comment

www

嘘っぽいですね

そもそも証拠もない主張をしんじるほうがどうかしてる
いいよっても相手されなかっただけでしょ
ロナウドとつりあうとも思えません 不細工ババアが

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です